ネタバレ

「わたしの幸せな結婚(小説)」4巻(4章)ネタバレ!内に秘めたそれぞれの想い

わたしの幸せな結婚小説)」4巻4章)『本当の心の奥は』のネタバレを紹介します。

五道の面会許可がやっと下り、清霞と美世は、お見舞いに向かいます。

病室で五道と2人きりになった美世は、清霞の過去を知ることに。

そして、薫子は、ずっと胸の内に抱えていた思いを美世にぶつけてしまいます。

それを聞いた時、美世は…!?

※ネタバレ注意!

やっぱり小説版・わたしの幸せな結婚をオリジナルの文章を味わいたい!という場合はebookjapanが圧倒的にお得に読むことができます♪

わたしの幸せな結婚 小説

今だと初回無料登録でもらえる半額クーポンで最新5巻を含む全巻半額で購入できるのでダントツで安いんですよ。^^

\ 無料会員登録するだけで半額クーポンゲット /
わたしの幸せな結婚を全巻半額で読む ▷月額料金は発生しません♪

「わたしの幸せな結婚(小説)」4巻(4章)ネタバレ!『本当の心の奥は』

お見舞い

秋が過ぎ、寒さが身に染みる季節となってきた、ある晩。

夕食の最中、清霞は、五道の見舞いに行くを美世に提案した。

面会の許可が出たということは、それだけ五道の容態が回復したということだろう。

美世は、安心し口元を綻ばせて、その提案に同意した。

ところが、清霞の様子がおかしい

美世が心配して具合を伺うが、何か歯切れの悪い物言いで、いつもの清霞らしくない。

美世の脳裏に百足山の言葉が蘇る。

余計な行動をするな。

お見舞いとは言え、外を出歩いて、もし清霞に迷惑をかけてしまったら…

美世は、膝の上で手を強く握りしめた。

すると、その手を、大きな清霞の手が包み込み、美世の肩を引き寄せる

そして、不安を抱えている美世に寄り添い、優しい言葉をかけた。

翌日、五道が入院しているという軍本部の附属病院に、清霞の運転する自動車で向かう。

建物内では、滅多に顔を見せない清霞が珍しいのか、あちこちで軍人の囁く声が聞こえた。

五道の病室の前まで来ると、ちょうど中から白衣姿の男性医師が出て来た。

30代ぐらいの長身で細身の体型、無精髭を生やしている。

親しそうに清霞に話しかけるが、清霞は、素っ気ない態度で応じる。

どうやら、清霞の母方の親戚で治癒の異能が使えるらしい…しかもかなり優秀な…

美世は、その医師の独特な笑い方に鳥肌が立ってしまった。

病室にて

病室に入ると、こちらに向かって手を振る五道が目に入る。

先客がいたようで、辰石一志が衝立の陰から姿を現した。

一志はいつものように五道をからかって楽しむと、ひらひらと手を振り病室を去った。

突然、五道は噴き出して笑い始める。

花束を抱える清霞がおかしかったというが、当の清霞は、明らかに怒っている。

抱えていた花束を美世に渡すと清霞は、1人で病室を出て行った。

残された美世は、今回の件について、頭を下げて謝罪した。

負傷の原因である甘水は、美世と関係のある人物なのだから…

気にしなくていいという五道は、笑顔で見舞いのお礼を伝えた。

その後、五道は清霞の過去、彼が対異特務小隊の隊長になったいきさつを話し始めた

それには、五道の父の死が大きく関係しており、2人にとって辛く悲しい記憶だった…

清霞の過去を聞いた美世の心は、揺り動く。

自分がそれを知って、良かったのだろうか。

そして、もっと知りたいと願っても許されるだろうか。

ずっと思い悩んでいた美世は、五道のくれた言葉を胸にある事を決意した…

清霞と美世が五道の病室を去った後、再び五道の元に来客があった。

入って来たのは、軍服に身を包んだ女性、陣之内薫子だった。

薫子が、旧都に配属される前はそこそこ仲良くしていたが、まさか1人で見舞いに来るとは。

五道にとっては、予想外の再会だった。

薫子の近況を聞いているうちに、彼女にまつわる記憶が蘇る。

そういえば、こいつ、九堂隊長と…

そして、今日の美世の不自然な様子を思い出し、1つの答えに行き着いた。

五道は、単刀直入に薫子に尋ねる。

薫子は、めいっぱい開かれた目で五道を見、誤魔化そうとするが…

五道は、それを許さなかった。

嫉妬と羨望

五道の見舞いを終え、外に出たところで、清霞が散歩をしようと美世を誘った。

言われるがまま、美世は、清霞の後を着いていく。

しばらく歩くと公園があり、その中の長椅子に2人並んで腰掛けた。

普段以上に口数の少ない清霞が心配になり、様子を伺う。

…怒っているというより、何か悩んでいるような…?

美世は、先程の五道との会話を思い出し、勇気を出して尋ねてみた。

私は、旦那さまの過去を知りたいです。

…でも、旦那さまは、お嫌ですか?

美世の率直な問いに清霞は、息を呑む。

それから、美世の手に自分の手を重ね、口を開いた…

お互い抱えていたわだかまりが解け、安堵する。

薫子との過去も知ることが出来て、美世の足取りは軽くなっていた。

一方、五道の病室を出た薫子は、逃げるように屯所へと戻った。

誰もいない食堂で、五道の言葉を思い出す。

美世に対する嫉妬に支配され、美世を傷つけた自分に吐き気がする

もっと、女らしかったら… 美世さんみたいだったら…

こんなどうしようもないことを考えてしまう自分に嫌気がさす。

薫子の目から、大粒の涙が溢れていた。

そこに、美世が遠慮がちに姿を見せる。

隣に座った美世は、謝罪の言葉とその理由を口にした。

一気に薫子の頭に血が上る。

どうして、美世が謝るのか?

嫉妬心に駆られ意地の悪いことをしたのは私なのに!

薫子は、自分の感情を止めることが出来ず、声を張り上げ、美世に怒りをぶつけた。

「わたしの幸せな結婚(小説)」4巻(4章)感想と考察!

最後の美世と薫子のやり取りが、特に印象に残りました。

薫子の気持ちを考えると胸が締め付けられる思いです。

だからといって、美世ではなく薫子とうまくいってほしいと思えなかったのは、

それだけ、美世の内面や人柄に魅力があるからなんでしょうか…

皆、いろんな感情を内に秘めているわけですが、相手に伝え、話し合う事の大切さを

学ぶことが出来たように思います。

「わたしの幸せな結婚(小説)」4巻(4章)『本当の心の奥は』のネタバレを紹介します。

五道の面会許可がやっと下り、清霞と美世は、お見舞いに向かいます。

病室で五道と2人きりになった美世は、清霞の過去を知ることに。

そして、薫子は、ずっと胸の内に抱えていた思いを美世にぶつけてしまいます。

それを聞いた時、美世は…!?

※ネタバレ注意!

「わたしの幸せな結婚(小説)」4巻(4章)ネタバレ!『本当の心の奥は』

お見舞い

秋が過ぎ、寒さが身に染みる季節となってきた、ある晩。

夕食の最中、清霞は、五道の見舞いに行く事を美世に提案した。

面会の許可が出たということは、それだけ五道の容態が回復したということだろう。

美世は、安心し口元を綻ばせて、その提案に同意した。

ところが、清霞の様子がおかしい。

美世が心配して具合を伺うが、何か歯切れの悪い物言いで、いつもの清霞らしくない。

美世の脳裏に百足山の言葉が蘇る。

…余計な行動をするな。

お見舞いとは言え、外を出歩いて、もし清霞に迷惑をかけてしまったら…

美世は、膝の上で手を強く握りしめた。

すると、その手を、大きな清霞の手が包み込み、美世の肩を引き寄せる。

そして、不安を抱えている美世に寄り添い、優しい言葉をかけた。

翌日、五道が入院しているという軍本部の附属病院に、清霞の運転する自動車で向かう。

建物内では、滅多に顔を見せない清霞が珍しいのか、あちこちで軍人の囁く声が聞こえた。

五道の病室の前まで来ると、ちょうど中から白衣姿の男性医師が出て来た。

30代ぐらいの長身で細身の体型、無精髭を生やしている。

親しそうに清霞に話しかけるが、清霞は、素っ気ない態度で応じる。

どうやら、清霞の母方の親戚で治癒の異能が使えるらしい…しかもかなり優秀な…

美世は、その医師の独特な笑い方に鳥肌が立ってしまった。

病室にて

病室に入ると、こちらに向かって手を振る五道が目に入る。

先客がいたようで、辰石一志が衝立の陰から姿を現した。

一志はいつものように五道をからかって楽しむと、ひらひらと手を振り病室を去った。

突然、五道は噴き出して笑い始める。

花束を抱える清霞がおかしかったというが、当の清霞は、明らかに怒っている。

抱えていた花束を美世に渡すと清霞は、1人で病室を出て行った。

残された美世は、今回の件について、頭を下げて謝罪した。

負傷の原因である甘水は、美世と関係のある人物なのだから…

気にしなくていいという五道は、笑顔で見舞いのお礼を伝えた。

その後、五道は清霞の過去、彼が対異特務小隊の隊長になったいきさつを話し始めた。

それには、五道の父の死が大きく関係しており、2人にとって辛く悲しい記憶だった…

清霞の過去を聞いた美世の心は、揺り動く。

自分がそれを知って、良かったのだろうか。

そして、もっと知りたいと願っても許されるだろうか。

ずっと思い悩んでいた美世は、五道のくれた言葉を胸にある事を決意した…

清霞と美世が五道の病室を去った後、再び五道の元に来客があった。

入って来たのは、軍服に身を包んだ女性、陣之内薫子だった。

薫子が、旧都に配属される前はそこそこ仲良くしていたが、まさか1人で見舞いに来るとは。

五道にとっては、予想外の再会だった。

薫子の近況を聞いているうちに、彼女にまつわる記憶が蘇る。

…そういえば、こいつ、九堂隊長と…

そして、今日の美世の不自然な様子を思い出し、1つの答えに行き着いた。

五道は、単刀直入に薫子に尋ねる。

薫子は、めいっぱい開かれた目で五道を見、誤魔化そうとするが…

五道は、それを許さなかった。

嫉妬と羨望

五道の見舞いを終え、外に出たところで、清霞が散歩をしようと美世を誘った。

言われるがまま、美世は、清霞の後を着いていく。

しばらく歩くと公園があり、その中の長椅子に2人並んで腰掛けた。

普段以上に口数の少ない清霞が心配になり、様子を伺う。

…怒っているというより、何か悩んでいるような…?

美世は、先程の五道との会話を思い出し、勇気を出して尋ねてみた。

「私は、旦那さまの過去を知りたいです。

…でも、旦那さまは、お嫌ですか?」

美世の率直な問いに清霞は、息を呑む。

それから、美世の手に自分の手を重ね、口を開いた…

お互い抱えていたわだかまりが解け、安堵する。

薫子との過去も知ることが出来て、美世の足取りは軽くなっていた。

一方、五道の病室を出た薫子は、逃げるように屯所へと戻った。

誰もいない食堂で、五道の言葉を思い出す。

美世に対する嫉妬に支配され、美世を傷つけた自分に吐き気がする。

もっと、女らしかったら… 美世さんみたいだったら…

こんなどうしようもないことを考えてしまう自分に嫌気がさす。

薫子の目から、大粒の涙が溢れていた。

そこに、美世が遠慮がちに姿を見せる。

隣に座った美世は、謝罪の言葉とその理由を口にした。

一気に薫子の頭に血が上る。

どうして、美世が謝るのか?

嫉妬心に駆られ意地の悪いことをしたのは私なのに!

薫子は、自分の感情を止めることが出来ず、声を張り上げ、美世に怒りをぶつけた。

「わたしの幸せな結婚(小説)」4巻(4章)感想と考察!

最後の美世と薫子のやり取りが、特に印象に残りました。

薫子の気持ちを考えると胸が締め付けられる思いです。

だからといって、美世ではなく薫子とうまくいってほしいと思えなかったのは、

それだけ、美世の内面や人柄に魅力があるからなんでしょうか…

皆、いろんな感情を内に秘めているわけですが、相手に伝え、話し合う事の大切さを

学ぶことが出来たように思います。

おすすめの電子書籍サイトTOP3!

ランキング1位
ebookjapanは20年以上続く、老舗の電子書籍サイトなので安心して利用することができます♪ さらに、初回限定で6回まで使うことができる初回半額クーポンがもらえるのでお得に漫画・小説を手に入れることができるので圧倒的におすすめですよ。^^

ebookjapanについて詳しく見てみる

評価★★★★★★
サイト名ebookjapan
特典初回ログインで半額クーポンプレンゼント×6回分
漫画配信数80万冊以上 常時3000冊ほど無料配信
ebookjapandで読んでみる 》》
ランキング2位
まんが王国もebookjapanと並んで、今年で15周年を迎える老舗の電子書籍サイトとなっています。 都度購入制を取り入れながらも、毎日最大50%オフや最大50%還元・最大80%還元といったサイト利用者がお得に読めるようなキャンペーンを打ち出し続けています! わたしもまんが王国ではかなりお世話になっているのでおすすめですよ♪

まんが王国について詳しく見てみる

評価★★★★★
サイト名まんが王国
特典毎日2回最大50%OFFクーポン 初回購入者限定で最大18,000円分のポイント還元 毎日最大50%還元ポイント 月2回ほど最大80%還元ポイントキャンペーン
漫画配信数約11万冊 常時3,000作品ほど無料配信(1作品あたり1〜3巻)
まんが王国でお得に読んでみる  》》
ランキング3位
U-NEXTは月額会員サービスの31日間無料の初回お試し体験に参加するだけで600円分のポイントがもらえたり、体験中はアニメや映画、ドラマなどの見放題動画も無料で視聴することも可能なんです♪(期間中に解約すれば料金は一切不要) 電子書籍だけでなく動画コンテンツも楽しめるので暇つぶしには最適なサービスです。

U-NEXTについて詳しく見てみる

評価★★★★☆
サイト名U-NEXT
特典初回お試し体験31日間無料 600円分のポイント付与 毎月1200円分のポイント付与 電子書籍がずっと40%還元 映画・ドラマ・アニメ見放題動画が多数(VOD業界No.1)
漫画配信数60万冊(漫画34万冊・ラノベ4万冊・書籍22万冊) 5,000冊
U-NEXTで読んでみる 》》
ABOUT ME
ごんちゃん
関西在住の主婦/40代/週に数回、パン屋さんでパンを作り、休みの日には家でパンを作ってます。お家時間が増えたので、以前から興味のあったライターのお仕事に挑戦! 好きな小説は『わたしの幸せな結婚』、好きな漫画は『東京喰種』です。独特の世界観や、繊細な人の心の描写など、魅力的です。このような形でこの作品と関わることができ、うれしく思っています。