ネタバレ

「わたしの幸せな結婚(小説)」2巻(1章)ネタバレ!美世の切実な願い

わたしの幸せな結婚小説)」2巻1章)『悪夢と不穏な影と』のネタバレを紹介します。

美世は、清霞に相応しい妻になりたいと、改めて願います。

そして、今までの自分と変わるために、あるお願いを清霞にするでした。

そんな美世を見守る清霞ですが、日に日に衰弱していく様子に幾らかの違和感を感じます。

毎晩、悪夢にうなされる美世のそばで感じる異能の気配。

いったい、美世の身に何が起こっているのでしょうか?!

※ネタバレ注意!

「わたしの幸せな結婚(小説)」2巻(1章)ネタバレ!『悪夢と不穏な影と』

淑女としての教育

季節は、夏、真っ盛り。

庭では、非番の清霞が木刀で素振りをし、己を鍛えている。

やがて、清霞が水を浴びるため家の中へ入っていく。

「ごめんください」

玄関から、突然、女性の声がする。

出迎えると、そこには、明るい雰囲気を纏った、品位のある美しい女性が立っていた。

彼女の名は、九堂葉月(くどう はづき)清霞の姉だ。

清霞に頼まれ、美世に教育を施すため、やって来たという。

…まさか、先生が、旦那さまのお姉さんだなんて!…

話は数日前に遡る…

美世は、ずっと悩んでいたことを思い切って、清霞に打ち明けた。

九堂家の、清霞の妻として、必要な教養が自分には、無い。

それらを、学ばせてほしいと…。

少しの間、思案した清霞は、先生を手配する事を約束した。

…そして、今に至る…

居間でお茶を飲む3人は、これからの事を話し合う。

美世は、清霞と葉月が楽しそうに話している様子に心を和ませていた。

その時…ほんの一瞬、胸の奥がツンとなる

…あれ? どうしたのかしら?…

美世自身、この気持ちに整理がつかないまま、3人の会話を楽しんだ。

夜、清霞はまた異能の気配を感じ、起き上がる。

向かった先は美世が眠る部屋だ。

部屋に入ると、その気配は一層強くなり、悪夢にうなされ、苦悶する美世が眠っていた。

片方の手で美世の冷たい手を握り、もう片方の手で前髪を払う。

清霞は、美世が安らかな表情になるまで、そばで見守っていた。

翌日から、早速、葉月による淑女の教育が始まった。

…寝不足続きで、体にだるさはあるけど、大丈夫!

そう自身に言い聞かせて、勉強に取り組む。

「まずは、2ヶ月後のパーティー出席が目標よ!」

葉月から、とんでもない目標を掲げられたが、できる限り努力しようと心に決めた。

『オクツキ』

対異特務小隊の屯所に清霞の上司が現れた。

大海渡征(おおかいと まさし)。階級は、少将。

帝国陸軍参謀本部の軍人で、将来を有望視されている軍人だ。

応接室で2人向き合うと、大海渡は歯切れが悪そうに言った。

墓荒らしが出たんだ。場所は、禁域…」

「…っ!! ま、まさか『オクツキ』…」

異能者たちの墓は、オクツキと呼ばれている

そのオクツキが荒らされたとあれば、どんな被害が出るか分からない。

封印によって閉じ込められていた異能者の霊が暴走すれば大事だ。

一般人に被害が及ぶ前に解決しなければ…

天啓ー未来予知

清霞は、大海渡と共に宮城に到着する。

そこでもう1人の人物、辰石一志と合流し、宮の最奥に住む貴人の元へ向かう。

堯人(たかいひと)、彼に姓はない。

この国の皇子であり、次期帝位最有力候補という肩書を持つ彼を前に挨拶を交わす3人。

そして、話題は、オクツキの件へ…

気をつけよ。…戦いになるであろう。命を落とす者も…

代々、帝の直系にのみ受け継がれてきた『天啓』。

この力により、未来を予知し、これまで国を守ってきたのだ。

3人は、それぞれの思いを胸に、改めて気を引き締め、皇子の元を去った。

「わたしの幸せな結婚(小説)」2巻(1章)感想と考察!

2巻の冒頭から早速、嵐の予感です。

葉月の登場で美世だけでなく、あの清霞まで振り回されていましたね。

実の姉弟が、仲良く話をする姿に、本当の家族、本当の姉妹というものに縁が無かった美世

は、何を思うのでしょうか?

葉月を「お義姉さん」と呼ぶことが出来なかった美世を見た時、改めて、美世が負っている

傷の深さに心が痛くなりました。

そんな美世を受け入れ、温かく見守る清霞と葉月の優しさにホッコリさせられます。

オクツキが暴かれ、話がどんどん面白くなってきました。

国の皇子も巻き込み、スケールも大きくなってこれからの展開に期待が高まります!

ただ、悪夢にうなされる美世がかわいそうなので、早く解決してほしいところです。

ABOUT ME
ごんちゃん
関西在住の主婦/40代/週に数回、パン屋さんでパンを作り、休みの日には家でパンを作ってます。お家時間が増えたので、以前から興味のあったライターのお仕事に挑戦! 好きな小説は『わたしの幸せな結婚』、好きな漫画は『東京喰種』です。独特の世界観や、繊細な人の心の描写など、魅力的です。このような形でこの作品と関わることができ、うれしく思っています。