ネタバレ

『わたしの幸せな結婚(漫画)』1話 ネタバレ!薄幸乙女のお相手は冷酷非情な貴族?

本記事は、わたしの幸せな結婚の第1話「婚約」のネタバレを紹介していきます。

歴史ある名家の長女「美世」は異母妹と継母に虐げられながら生活している。
彼女が唯一心許せるのは、幼馴染の「幸次」だけ。
その幸次が訪れた日、父親から美世に声がかかる…

果たして美世は父になんと告げられるのか…?

※ネタバレ注意

わたしの幸せな結婚 ネタバレ
2話3

『わたしの幸せな結婚(漫画)』1話「婚約」ネタバレあらすじ!

初顔合わせ

三つ指をつき深々と挨拶する美世。

背を向けている相手は
こちらを向く気配がない。

無視や放置に慣れている美世は
自分から動こうとは
しない…

「いつまでそうしている
つもりだ」

…「顔を上げろ」

そう言われ
初めて見た相手は…

真っ白な肌に
薄茶の長い髪と
青みがかった瞳

ほっそりとした容姿…

男性とは思えない儚げな美しさだ。

この人の外見と中身が同じとは
限らない…

帰る家もなく頼れる人も場所もない
わたしは

ここで生活するしか
ない…

生い立ち

生家「斎森家」は歴史ある名家で
異能者の家系だ。

わたしは長女として生まれた。

父と母は政略結婚だった。

当時父には恋人がいたが

家の決定には逆らえず
恋人と別れ、母と結婚した。

母が生きていた頃は
わたしも愛されていた…らしい。

だが母が亡くなって
父がかつての恋人と再婚してからは

全てが変わってしまった。

継母はわたしを憎んだ。

父は継母に弱く、

異母妹が生まれ大きくなるにつれ
わたしには見向きもしなくなった。

異母妹「香耶」は

美人で要領がいい。

しかもわたしにない
異能…“見鬼の才”まで持っていた。

香耶は継母と共に
わたしを見下すようになっていった。

茶を淹れれば
難癖をつけて顔にかけられた。

側にいる父は何も言わない…

わたしは十九になっていたが
使用人以下の扱いを受けて
いた為、縁談などない。

賃金も貰えないので
家を出る事もできない…

わたしの仕事は
洗濯や外の掃除だった。

幼馴染

その時出会えるのが「幸次さん」

古くから異能を受け継ぐ
辰石家の次男で

わたしや香耶の幼馴染だった。

わたしを
斎森家の娘として見てくれる
たった一人の人…

今日の幸次さんは洋装。

何か大切な話をしに
来られたのかしら?

まさか
結婚の…申し込み…?

でも…
わたしと幸次さんでは
住む世界が違う…

漫画「わたしの幸せな結婚」【第1話】「婚約」の感想・考察

昔は(昭和の途中までかな)見合い結婚が当たり前で、
ろくに話もしないまま親の決めた相手と結婚する
って感じでした!

自分の父母も見合い結婚です。
さらに祖母は結婚前好きな人がいたけど、祖父と結婚したと
聞いています。(漫画の内容と偶然似てるんですよねぇ)
運よく心が通い合う相手と結ばれる人もいれば、
ただひたすら嫁ぎ先に尽くさせられるだけの人も…

「女三界に家無し」…という言葉がありますが、
当時の女性には、ほぼ安住の場所が無い暮らしだったようです。
若い方には全く分からない事でしょうが、
田舎、旧家、大金持ち等にはそれが当たり前だったのです。

この漫画の主人公「斎森美世」も、ろくに知らない相手の元へ
嫁がされるようです。(しかも冷酷そう…
実子で長女でありながら、使用人のように扱われてきた彼女。
本来なら彼女が幸次と結婚して家を継ぐはずなのです!

まるで西洋の物語「シンデレラ」のような出だし。
お、とすると…
美世にも大逆転がある…かもしれません!!

ここまで虐げられ我慢強く生きている美世が
気の毒でなりません!

このままで終わって欲しくないっ!!
我儘で嫌味な香耶と冷酷な継母を見返す「何か」が欲しいっ!!

「何か」と言えば「異能」についてでしょう。
異母妹と比べ「わたしにはない」と簡単な流し方でしたが、
異能者の名家同士の政略結婚で生まれた美世に「何も無い」
とは考えられません!!!

長じて顕現するか、あるいは何かのきっかけが必要か…
勝手に期待して待ちたいと思います。

実母を失い、実父の愛情も無く、唯一の心許せる人との結婚も
望めない美世。
無いない尽くしの彼女には、もう失うものは命くらいです。

それならば、彼女の苦境を覆す逆転劇を与えてください!!

ABOUT ME
たまよ
パート兼ライター/50代/愛媛県在住/結婚26年目で一人っ子の母  公務員を辞めパートしながら大好きな漫画関連のライターへ!少女漫画・女性漫画・TL・BLあたりが好きなジャンルです。最近は異世界モノに傾倒しつつありますが、元来「妖」とか「超能力」とか不可思議なものが大好きです!「わたしの幸せな結婚」は自分の大好きがギュッと詰まった作品なので、関われてめっちゃ嬉しいで~す。作画が綺麗で清霞殿のお顔を眺めては日々癒されてます!!